息子のパスポート

2017.07.27 Thursday

0

    iphone7+

    5年振りに龍之介のパスポートを更新した。こうして写真を並べると成長が一目瞭然。親はこういう時に嬉しさと寂しさを併せ持つが、僕も例に漏れずであった。龍之介にパスポートをもたせて、台湾、タイ、ネパールへとバックパッカーしたことは、半生中で最も輝かしい出来事だ。連れて行ったというのとはちょっと違って、付いてきてもらった印象の方が強い。子供とアジアを歩き回るという僕の20代の頃からの夢を叶えてもらったという感じだ。なので、まずは彼に礼を言いたい。ありがとう〜。さてさて、この真新しいパスポートは、龍之介を何処へと誘うのだろう。これも親の勝手な夢だが、早いところ、海外へ一人で気ままに旅してほしいものだ。インドの路地裏に迷い、イランのバザールで華やぎ、バリの海で夕陽を眺めてほしい。まあ、勝手な望みは、望むだけなら親の特権だろう。でもパスポートの要らない旅や冒険や発見もたっくさんある。それを書物のページの中からではなくて、靴やサンダルのソールを通して感じてほしい。ああ、これも親の勝手だなあ。さておき、龍之介とグアテマラの街角でバッタリ出くわす未来。その時彼の隣に可愛いセネガル人の彼女がいたら、一杯奢らせてもらうよ。
    関連する記事
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL