血管地下通路

2017.06.26 Monday

0

    iphone7+

    銀座線田原町のホーム間をつなぐ通路で写真を撮った。撮ったのだから、何かがあるのだろう。都市論は柄ではないのでやめとくが、血管のようだな、と見つめた。凡庸な視線と感想である。そしてお決まりのように、綺麗だなと思った。偶然とか無作為だとか、それで語るのは鈍臭い。美は時に口角に唾を寄せすぎる。黙って通過させれば良いぞな。通路の上は線路である。世界の終わりには、この造形も消えるのだな、とちょっと変なことを思う。三味線のじゃらじやらんという音が似合いそうだなとか思う。ここで写真展をやったらいいなと思う。管と管との間に無数のヌードを置こうか。その時は誰かが本気を出すのだろう。人間の芸術がラスコーの壁画の時代から全て消えてしまえば、美しいなと思った。
    関連する記事
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL