スニーカー

2017.01.02 Monday

1

SIGMA sd Quattro 35mm1.4

気に入ったスニーカーが見つかるとそればかりを履くので、結果的に履き潰すことになる。
靴というのは、服と道具の間にあって、ある時期ある季節を共にする仲間のようでもある。
二十代の頃は、レッドウイングのアイリッシュセッターを、三十代の頃はダナーライトを
よく履いていた時期もあったが、僕の生活を文字通り足元から支えていたのは、スタンスミ
ス、スーパースター、エアフォース、エアマックスたちだった。その4本柱に、ナイキのSB
やニューバランス、vansらが挟まり、夏にはtevaやビーサンが登場する。流行りを軽んじる
つもりはないのだが、あまり意識せずに好きなものを履いている。たとえ三週間遅れていて
も、しれっと履いている。
そういえば、原宿の小さなスニーカー屋さんでエリック・クラプトンさんを見かけたことも
あったっけ。もう二十年ぐらい前になる。自分から肩を叩いて声をかけ、一緒に写真を撮っ
てもらったのは、あれ以来ない。とってもナイスな対応に、思わず内心ジェントルマン、と
呟いたような。あの写真はいったいどこにいってしまったのか。何でも去っていくなあ。


関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL